FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
十日と三日月
 「月は隈なきを見るものかは」吉田兼好が「徒然草」のなかで述べていたかと思うが。
この28日は十三夜にあたるはず。

 八重山の民謡に「トバラーマ」がある。その歌詞に<月の美しゃや十日と三日月>すなわち十三夜の月
が(十五夜より)何よりも美しいの意。その歌詞についで<みやらび美しゃや十七、八>と唄う。

 確かに、コンパスで描いたまん丸、真円もきれいだが、コンテかクレヨンでフリーハンドで描いた円
もなかなかに見応えのあるもの。私は、後者を好む。

 ところで、その十三夜の28日に「トバラーマ大会」が開催される筈だが、台風が接近,通過となりそうである。
八重山地方を避けてくれる粋な台風は来ないものだろうか。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://muukuudunakayara.blog.fc2.com/tb.php/87-0f199063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック