FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
彼岸が近い
金木犀、そして錦明竹
 彼岸の入り、それはこの19日。この頃になると、写真手前の竹叢、錦明竹の筍がのびて数メートルに達する。
奥の金木犀が花を咲かせるための枝葉を張って見事な樹姿をみせる。写真はGOOGLE MAPに依つた。その日付け
を見るといまと同じ時期になる。奥の車は昨年、逝世した吾が次男の愛車VOLVOである。彼が鬼の籍に入って
もう、1年を過ぎた。時が経てば経つほど、彼のことが頭から離れない。却って、鮮明さがましてくるのだ。

 息子に先立たれることが、これほど辛いこととは! ハイヤームのルバイイがせめてもの慰めだ。

われらの後にも世は永遠につづくよ、ああ!
われらは影も形もなく消えるよ、ああ!
来なかったとてなんの不足があろう?
行くからとてなんの変わりもないよ、ああ!  (小川 亮作訳)
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://muukuudunakayara.blog.fc2.com/tb.php/75-2abf97bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック