FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
三線と周辺環境
不思議だ。同じ三線を弾奏するのだが、和風の室内と洋風のそれとでは、違った音色に聞こえる。
紙や木で構成されているのと、コンクリートに樹脂を吹き付け、壁紙を貼ったような構成とでは
音響効果が自ずと異なるのかも知れない。
 洒落の解し方も人さまざまなことを思えば、何か、相通ずるものかも知れない。
夜の弾奏と昼のそれでも違った音色に聞こえるのはなぜだろう。それが、同じ室内でも、である。
あえて、いえば、温度差などからくる空気の密度の違いなのだろうか。

 彼岸も近くなって、朝夕の凛とした空気に触れると、庭に出て椅子にかけて、三線を弾奏したくなる。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://muukuudunakayara.blog.fc2.com/tb.php/67-4d7b47d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック