琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代劇 「暴れん坊将軍」に
琉球民謡<遊びしょんがね>が流れた。

番組500回記念の番組とかで時間も90分ほどに、通常より長めになっていた。

沖縄の若い女性達が、薩摩の手先人により何人も苦界に身を置く破目になり、そのうちの一人が、確か、殺されたか自害せざるを

得なくなり、その妹かが、復讐をするようなあらすじであったかと。復讐を遂げてのち、<遊びしょんがね>が弾奏される。

亡き人を偲んでの場面だが、このような場面にも恰好な曲なのだとあらためて知らされ、また、古典の節入りより長めでゆったりと

した歌い方に民謡の持ち味が発揚されているように感じられた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://muukuudunakayara.blog.fc2.com/tb.php/640-bf00db68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。