FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
彼岸に思うこと
 墓参をするたびに思うことがある。沖縄では自分が逝前に墓を造って、はじめて一人前だといわれ、家を建てたぐらいでは
まだまだ。墓は自分が末代まで入る 家 との感覚が一般的であろう。母の子宮から産まれ、自然の子宮に還るとも考えての造型の墓が沖縄には多く見られる。

 我が家は私で四代目であるが、最近は、あとを継ぐ者がいなくて廃墓になっているのも相当数あると聞く。

 沖縄では墓を新造すると、その墓の中で、「かぎやでぃ風節」の節にのせて三曲を歌うと聞く。

・土ん引ちぢゅらさ、石ん居しぢゅらさ、ふんしまつぃがにぬ、居ちょるちゅらさ
・銀じゃ森くしゃてぃ、黄金森前なち、ふんしまつぃがにぬ、向けぬちゅらさ
・まかやかやぶちや、仮宿どぅやゆる、ふんしまつぃがにや、末代までぃん、
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://muukuudunakayara.blog.fc2.com/tb.php/462-13e86398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック