FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若さということ
歳は80.なったばかり。
酒房で、歳を訊かれて応えると「おとしより若いですね!」と言われる。中国人は実齢よりも上にみられるのを好むそうだが。

中国式には、<御寿齢は>と訊かれるのをこのむのではないか。

私は、若さと馬鹿さは1字ちがい!だから自分のなかに両者が同居しているのさ とはぐらかしている。

あえていえば、30年余り琉球古典音楽により、朝な夕なに身も心も沐浴しているから と思う。
じつは、古典の大先生の御姿やお声に接するだけで、身も心も引き締まるのを感じてきているのだが。

この頃、なぜか母の夢を見る。母の祥月命日もちかい。
スポンサーサイト
南高梅満開
KIMG0058 南高梅満開
祖父の与助爺が植えた梅で樹齢は90年をこえる。
今頃になると、爺を思い出す。

「取景在借」という言葉があるが、窓からはこの月末までは楽しめそうである。
三線立て
KIMG0096.jpg
KIMG0095.jpg
三線を立てて置くに恰好なものがあった。
その構成はこうだ。

鉢植えの鉢の梱包材、それに座椅子、といっても籐椅子の安価なものを天地逆において使うもの。
安定性抜群。猿尾のあたるところには、ビニールテープのコアを置くと三線が垂立して姿もよくなる。
今日で
満80歳の私。
下あごの前歯中央の歯根のあたりが疼く。

歳を感じるのは、まず、歯からというが、まさしく数日前から痛み出した。銀杏の皮まで噛み潰して食べる私に酒友が驚嘆の声を
あげたものだが。

今は食パンの耳をかじるのも辛い。昼食は饂飩かそばにしようかと。好物のサーロインステーキぐらい食べたいものだが。
3分で
イメージ
人物の素描を3分で仕上げるのを特技にしている私。
酒房で描きたい人物、とくに美人に出会うと、そうした衝動にかられる。

男性でも彫刻家が鑿をもって追いかけてきそうな老紳士などもいる。孫娘などは幼少の頃から対象にしてきたが。

ところが、昨日、平山郁夫画伯の画集本を数冊、入手した。風景画が多くみられた。画伯の筆触の音まで聞こえるような素晴らしさに
陶酔しきりの数時間であった。
終わった!
KIMG0094.jpg
新内節「明烏夢泡雪」の前半、浄瑠璃をつとめた。踊りを春蝶師匠、三味線を家元の三浦屋千代里師匠に三浦屋千代水師匠の三方に演じていただき、<あだ果報ぬ>思いであった。

打ち上げの日本酒はまた格別!冷たい夜風も心地よく足はまた、あらぬ方向にむいてしまった。2月11日の「千代の会」であった。

あと1週間しか
KIMG0093.jpg
この11日、(日)14時から2時間の公演。演目は新内、小唄、端唄、民謡民舞、舞踊、落語など。題して千代の会、「新春特選宝船」

私も、生ワラビながら、新内、<明烏夢泡雪>の前半の浄瑠璃を演ずる。花魁の浦里が客との密通が露見されて、雪の中を
庭木に括り付けられる仕置き(雪責め)を受けるさまのくだり。

おもい返せば過日の22日の雪も、まさに別な意味で<雪責め>であった。羽田からわが藤沢まで5時間のバスに缶詰であったっけ。それも、温かい沖縄からの帰路であっただけに、相当に応えた。80歳の吾身にとっては。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。