FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声楽譜の有無
琉球古典音楽、少なくともその野村流には、おそらく、数百年ほど前から声楽譜面が、弦楽譜面に併記されていたようである。
ところで、この2月12日は新内の特選会とて発表会が予定され、本手、上調子の三味線にあわせて、私は、浄瑠璃を演ずるのだが
声楽譜面は存在しないので、家元の声音を聴いて辿るしかないので、これがまた、私には難業!

琉球古典音楽が、これほど精緻に、コピーマシンや、レコーダーが、また照明も大したものがない時代に、出来上がっていたことは
当時の先達の方々の聴覚が如何にすぐれていたものか、完成までの労苦を察して余りある。

あと幾日もないが、「明烏夢泡雪」雪責めの段の総仕上げに万全を期したい。
スポンサーサイト
トランプ大統領
何かと物議を醸しだすトランプ。その言動は良きにつけ、悪しきにつけ取りざたされているわけだが、琉球王朝時代の蔡温、具志頭親方を思い出す。

ほめられそしられや世の中の習い、沙汰も無いぬ者の何役立ちゆが <ふまりすしらりや ゆぬなかぬならい さたんねんむぬぬ
ぬやくたちゅが>

 私としては、<ふみらりんすぃかん すしらりんすぃかん うちゆなだやしくわたりぶしゃぬ> ほめられも好かぬ そしられも好かぬ
浮世なだやすく 渡りぼしゃの と詠まれた、程順則、名護親方の琉歌のほうが好みではあるが。
年頭から
風邪をひいてしまった。発熱、咽喉の痛み、鼻水、悪寒など、繰り返しの症状。
7日間ほどである程度、回復したが咽喉の痛みだけは更に、3日間ほど残った。

新内の稽古をしようにも咽喉の痛みが走り、思うように発声できないのが辛かった。
ファルセットで発声するので、のどの緊張が通常よりも高まるためであろうか。

今日あたりから、稽古はじめとしようか。
「何日君再来」
今日は元旦。私は恒例で、この曲を年頭に聴くことで気持ちが引き締まる。
できれば、王秀華の二胡演奏で、張燕の歌唱で聴きたいのだが、それはままならない!両者の演奏や歌唱を別々に聴いて過ごす。

<「来、来、来、渇完了這杯再説包」、今宵離別後、何日君再来>
の歌詞が年の、あるいは歳月の入れ替わりにふさわしく感じられる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。