FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名花 満開
065 (2)KH嬢
この秋に慶事の予定と聞いて、早速親しい仲間と祝宴を開いた。一昨日のこと。三線仲間であったKHさん。

琉球衣装で写真を撮っておきなさいとすすめた私。スタジオも私が勧めて沖縄は与那原のそれである。

父親のような複雑な気持ちもある。「一にかーぎー、二にかーぎー、三四がなくて五もかーぎー」 そんな言葉で座を沸かせた
やっちーもいた。 KHさん、それ以上美しくなる必要はないよ! お幸せに。
スポンサーサイト
聴覚差
スマホが二階で呼び出し音を発しているのが、階下にいて聞こえる私。それも直下の部屋でないところでドアもそれぞれ
閉じている状態。妻は、全くそれが聞こえぬという。

風呂の沸き上がりを知らせるブザー音。ドアを2枚へだてた同一階。妻には聞こえるというが、私にはなにも聞こえない。

歳の所為かも知れぬが私は音楽をやっているので聴覚には自信があると思っていたが。

妻は私より二つも年上なのに、どうも腑に落ちないこのごろの聴覚である。
琉球大学卒業式
昨日の 琉球新報 の記事にあった。琉球衣装(琉装)をつけた女子学生が卒業証書をうける写真が掲載されていた。

勿論、全員ではなかったが、沖縄では斯様な場面では際立っているし、ご当人の晴れがましい気持ちを、よく表わしていて

こちらまで、嬉しくなる写真であった。

とりの伊平屋岳や浮きやがてど見ゆる   
          遊でうちやがゆるわ玉黄金   <長伊平屋節>

親御さんが眼を細めて娘さんの晴れ姿をみられたであろうこと、想像に難くない。
こんなことが
孫娘 K
今まで、こんな事ができるなんて知らなかった。
デスクトップの画面は、PC の既成の画像しか採択できないと思っていた。

昨日、ある画像をデスクトップに入れ込めないか、悪戦苦闘しているうちに、その要領を会得できた。
そこで、試したのが今は亡きわが母もこよなく愛でていた可愛い孫娘 K の画像である。

今は高校2年生。偶にしか会うことができないがここなら毎日会えるわけで、PCを開くのが楽しみである。
尖閣問題で思うこと
2013年4月28日にもこのことを書いた。その際には、2010年11月22日付けの琉球新報の記事をコピーで載せた。
ここでは、それを、割愛して、要旨だけを採録すると、こうなる。

大正8年、福建省の漁民31名が遭難。当時、石垣村の村民が魚釣島で救助したことへの感謝状が翌年に贈られた。
その感謝状には 中華民国長崎領事名 ひょうめん とあり公印が捺印されている
あて先は日本国 八重山郡云々とあり、石垣村長あてとなっている。

地方ではあっても、これほどの明々白白な資料があるのだ。中国外務省は地図の一枚や二枚があったとてと難癖をつけるが、上記のような資料は確かな証拠であろうに。

マスコミは中央であれ、地方であれかような記事の内容には互いに不可侵の距離をとるのだろうか。
老舗、沖縄料理店の閉店
創業67年という老舗がこの3月で店を閉じるという。最近の琉球新報で知った。

今はないが新宿コマ劇場近くの沖縄料理店Nのことである。此のママさんはかつてかの高倉健と「網走番外地」で共演したことのある美人で琉球舞踊の心得もあって「花風」を踊ったのをみたことがある。

ママの父親は自己流ながら店で三線を弾いていたがかなり前に逝世した。母親はビールを好んで飲む方であったが
いまはどうされているだろうか。

時の移ろいの早いこと、此の店を最後に訪ねたのは10年もまえになるだろうか。懐かしく回想した次第。
後生衣 (ぐすうじん)
三島山感応院  母の13回忌法要は菩提寺、ここで執り行われた。真言宗の名刹である。

住職が高齢で体調がすぐれなかったのだろうか。娘婿の僧侶が読経なされた。住職は仏顔をなされた方で痩身で読経なされる声音も荘厳な感じであった。娘婿の僧侶は体躯も巨漢といった態の方で声音も現世からあの世に向かって祈りを籠めるような感じであった。

沖縄の女性は、この世から、あの世(ぐすう)に渡るとき、すなわちご先祖様におまみえするときは自分の一番の気に入りの
じん(着物)を着せてくれと、親しいひとに頼んでおくという。母は言い残しはしなかったが、一番好んでいた琉球絣の着物を
着せて旅出させて13年。歳月の経つのはこの歳になると加速度がついているように感じられる。
新内 「若木仇名草」
DSC0092JPGにぎわい座JPG
去る2月1日、横浜は にぎわい座で「千代の会」特選演奏会があり、昨日、その DVD を師匠(写真中央)からいただいた。
あらためて、見て聴いてみた。不出来なところが随所に感じられる。まだまだ、「なまわらび」である。

マイクを介した自分の声は肉声をじかに聴くのとは違うものなっていることにも気ずく。
ゆらてぃくゆらてぃく
スキャンゆらてぃくゆらてぃく
演目は多岐にわたる。かぎやでぃ風、恩納節、辺野喜節、若衆こてい節、作田、渡りざう、瀧落菅攪、安里屋ゆんた、鳩間節
ほかに12演目。

私も数演目出演する。この前の5月31日に、祖師谷大蔵で新内の発表会もひかえている。なかなかにいそがしい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。