琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の13回忌
歳月人を待たず とよく聞く。

母が五男一女の私たちを産んでくれた。私は長男だが次男と長女であるが末妹の二人は昨年と今年に逝世した。

3月9日が命日だが8日に執り行うことにした。参席者には母の往時の写真を編集して渡そうと思う。

母も中々に気に入りの写真が琉装のそれであり、参席者はこれを知らないはず。母が60歳のころ沖縄で撮ったものである。母60歳の琉装
スポンサーサイト
喜寿を迎えた私、13回忌を迎える母
スキャン_20150217
昨日で77歳の喜寿を迎えた私。特別な感慨はないが、3月9日が母の命日に当たるので心せわしい。とりわけ、今年は母の13回忌に当たるので、関係者に案内状など、取り纏めに準備万端を期しておきたい。都合で1日前の8日(日)の日取り。

母は18歳で父と結婚。父が49歳で他界するまで私を長子として5男1女を育ててくれた。病身の父と二しゅうとにつかえた。
薄幸のうちに生きた人だったが、愚痴ひとつこぼさず、どんなことにも曠懐のうちに84歳の生涯をおえた。無学ではあったが
よく、生き貫いた人であった。写真は左から母70歳(琉球絣)、60歳、21歳で抱かれているのは私2歳。

在りし日の母を偲び、参席者に母のアルバムを作成して渡したい。母の気に入りの琉装姿の写真も入れよう!。
新良幸人  あらまー
スキャン_20150213
それと知らなかった。新良幸人琉装、堂々としている。コマーシャルの片棒を担ぐつもりは毛頭もないが、威風堂々としている
姿は見事みごと。野村流音楽協会90周年公演に広告を頂いたゆえの掲載ページ。知人がモデルは新良幸人と教えてくれた。来月あたりに鎌倉にてライブをやるとか仄聞している。ぜひ、参席してみたい。私も琉装まではいかないが久米島紬でも
着ていこうかと思っている。彼もかような姿でライブをやってくれないだろうか。されば千客万来は必定であろう。
孔子廟
先月、沖縄でのこと。那覇は西武門界隈。早朝散歩をしていたら後ろから小走りに近寄ってきて、道を尋ねられた。

メモにかいた漢字から孔子と読めたが英語で尋ねられた。数十年まえにこの界隈に6か月勤務したことがあるので

懐かしくて散歩をしていたので、孔子廟は当時はなかったし見当をつけかねると返事をした。彼は香港からきたといい、

まだ若い学生風であった。若いのに孔子に興味をもっているとは!私も孔子の一言を諳んじていたので好きな言葉ですと

紹介したら喜んで握手を求めてきた。「Truth does not depart from human nature.If what is regarded as truth departs

from human nature ,it may not be regarded as truth.」
樫、榎の年輪
DSC_0085 (3)
DSC_0086.jpg
庭木、樫と榎は樹高12メートルほどであった。周辺への影響もあり、造園業者に委託して人の背丈ほど残して切り詰めた。
庭に重機を入れ込んでの大仕事であった。切り株を記念に玄関先にオブジェ風に配してみた。タイル張りの床面と木肌の持つ和らかさがよく調和していると自画自賛。樹齢は曾祖父が植えたものなので100年近くはあろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。