FC2ブログ
琉球古典音楽 五木田音楽研究所 ~ ブログ ~
日々の出来事や沖縄に関する事等、つづっていきます。
脹脛の浮腫み
心臓大動脈瘤解離と関係があるのか?
脹脛が浮腫み、全身がだるい。何かやっていても、頻りに起こるのは横になって休みたいという衝動である。

常に午睡をしたい気分。医師から処方された薬は、忘れずに服用しているが、これは何かの前兆なのか。
スポンサーサイト



血圧計
このところ、寝つきが悪く、十分な睡眠がとれていない。寝起きの際の気分がスッキリしない。
血圧を測ると160-70の台を起床時に示している。血圧計を寝室と居間にそれぞれ備えて時に応じて測ることにしている。

血圧降下剤を処方してもらい服用しているが、朝は12のタブレット、夜は11のタブレットを服用昼だけは1種類の散剤の服用
服用後どれほどの時間をおいて、血圧を測ればいいのか、次回の健診の際に医師に訊ねてみよう。

脚の浮腫みも相変わらず治らない。靴下がはけない。口ゴムの緩いのを求めても、足首が縊れて痛くなってしまう。足袋であれば
それが回避できるので和装ででかけることも多くなった。
歩くにも歩幅を小さくせざるを得ない。
煙雲
最近、中国は上海出身の女性と会飲する機会があった。そもそもの彼女との出会いは小さな酒房であった。華語で<里の秋>
を謡っているとき、私も華語で<何時再君来>を謡ったとき以来であった。
 私が昨年8月8日から10月6日まで心臓大動脈瘤解離で入院してその退院した翌日、彼女から会飲しませんかと誘いがあったが、
退院直後である旨を伝えて、心ならずも遠慮していた。
 最近体調も徐々にではあるが回復してきたので彼女を誘ってみた。
偶々、LIN YUTANG の著作のことについて話題になった。
「煙雲」という言葉に彼女の見識がうかがわれた。けむりも雲も似ているようで実は違うものである。その両者を同時にくみあわせ、
いわば混沌とした、あるいは混然としたものを表すのだという。次回、彼女と会飲するとき、「京華煙雲」と題された冊子を進呈する約束をした。
年賀状
Mr GOKITA_NY card2019OL
今年初めて、心臓大動脈瘤解離の大病をわずらった。年賀状にそのことを書こうか、どうか迷ったが
無理の利かない身体であることを知ってもらったほうが良いと思い、記すことにした。
 いまさらながら、わかったこと。仰臥姿勢が、心臓にとって一番楽な姿勢であることであった。
痩せた、太れない
8月8日入院、10月6日退院、病名は心臓大動脈瘤解離。
入院前の体重は60.5㎏、退院後は50.5kg.
ズボンのウエストがゆるゆる。和服なら帯なので幾分かそれを隠せるが。

友人には地獄の閻魔大王に握手して帰ってきたよと話すのだが。風呂に入ってわが身を鏡に映すと腹のあたりに
しわが目立つ。老醜を見るのは辛い。

顔にも少し皺が目立つようになってきた。あすは、とぅんじ,冬至である。ゆず湯につかって皺をのばそうかな。